トップページ
   
会長挨拶
医師会の紹介
役員名簿
医療機関の検索
医師会の事業
地域医療連携
健康長生塾
介護保険
   予防接種
取扱一覧 
成人
かかりつけ医
クラブ紹介
急な病気の時に
成人保健事業
寝屋川市の紹介
リンク集

成人保健事業の詳細はこちらをクリック!!
母子保健事業の詳細はこちらをクリック!!

つぎの病気にかかった場合、治ってから1か月は予防接種は
  受けられません。

麻しん(はしか)・風しん・おたふくかぜ・水ぼうそう・伝染性紅斑(りんご病)・手足口病
突発性発疹(突発性発疹は、医師の許可があり、2週間以上経過している人は接種可、
BCGは除く)
つぎの注意を守って安全に受けましょう。
1.接種前日は入浴し、清潔な肌着を着ましょう。
2.接種当日は子どもの状態をよく見て、ふだんと変わりがないか確認してください。
3.当日は家庭で子どもの体温を計ってきてください。
  なお、会場で予診前に体温測定をします。
4.子どもの日頃の状態を知っている保護者がつれてきてください。
5.予診票は子どもをみて接種をする医師への大切な情報です。責任をもって記入して
  ください。
6.母子健康手帳は必ず持ってきてください。
つぎの状態の乳幼児は受けることができません。
1.熱がある。
2.重い急性疾患にかかっている。
3.この予防接種を受けて、急性アレルギー反応を起こしたことがある。
4.予防接種を受けることが不適当な状態にある。
つぎの乳幼児は受けるときに注意が必要です。
1.心臓血管系、腎臓、肝臓、血液疾患、発育障害などの基礎疾患がある。
2.前回の予防接種で2日以内に発熱または全身性発疹などのアレルギーを疑う
 症状があった。
3.けいれんを起こしたことがある。
4.免疫不全と診断された。
5.予防接種でアレルギー反応を起こすおそれがある。
過去に、けいれん(ひきつけ)を起こした乳幼児や慢性の病気で治療中の乳幼児が
接種を受けるときは、かかりつけの医師の意見書(様式は問いませんが、接種の
可否判断に必要なため)を持ってきてください。
「単純性熱性けいれん」と診断された人は除きます。